レイクは自営業でも借りることが可能

レイクは自営業であっても安定した収入があればお金を借りることが可能です。一般的に日本の社会では自営業者に対する融資は厳しいのが現状です。自営業者は雇用されている人より収入が安定しないので独立して仕事をしているのに

 

 

パートやアルバイトの人と同様に自営業者の方々もお金を借りるのにハードルの高い立場にあります。


ではレイクは自営業でもなぜ借りれるのかと言えば、レイクは元々消費者金融系のカードローンで新生銀行のカードローンとなった際に銀行系のカードローンとして営業される事になったのです。

 

消費者金融と銀行系のカードローンの特性を合わせ持っている分銀行系のカードローンとは少し違った条件もあります。

 

 

例えば、レイクは職業による制限はなく審査条件に年収○円以上といった条件を設けていません。


基本条件は年齢が満20歳から70歳の安定した収入がある人で重視されるのは安定性です。収入の安定性を見る尺度としては営業年数が重要で1つの目安としては営業年数1年以上であれば安定収入があると判断できます。

 

あとは他社借入が多いと収入が安定せずに借金を抱えていると判断されるので審査に通りにくくなります。その他にも事務所にある固定電話番号の有無もポイントとなります。

 

レイクで自営業が申込む際に必要な書類としては通常は自営業者は運転免許や保険証といった身分証明書のみで審査することが可能ですが、状況によっては収入証明が必要となる場合があります。その場合は,

 

 

過去2か月分の収入の明細や過去一期分の確定申告書を提出することでレイクの融資が可能かどうかを審査してもらいます。